ネットに溢れるエッチな体験談やオトナ向けのコラムを中心に配信しているビバエロ

  1. HOME
  2. オトナのコラム
  3. ピンサロ嬢に気に入られて本番中出し

ピンサロ嬢に気に入られて本番中出し

ピンサロ嬢とイケない関係に…

会社の飲み会が終わって、その日は金銭的に少し余裕がありましたので
溜まっていた性欲を発散する為にピンサロに行く事にしました。
そのお店は指名制度が無い為フリーでなのですが
お店の特徴から若い女の子が多く
高くても30半ばくらいの年齢層で舌でした。
早速お店の中に入ると、自分以外にもお客さんが二人おり
プレイの真っ最中でした。
待機室で数分待つと女の子が登場して指定の席へ…
部屋の中は薄暗かったのでハッキリ顔は見えませんでしたが
黒髪で20代半ばくらいの美人なお姉さんでした。
「葵でーす!よろしくお願いします!」
と元気よく挨拶をしくれたので印象も良く話も合いました。
「今日は暑いですねぇ」とか「最近お店に来ました?」など会話をしながら
私は葵ちゃんの胸を揉んだりしていました。
しかし、葵ちゃんの自分で私の手を取って股間に触れさせたり、私の股間を触ってくれました。
この瞬間、葵ちゃんはモノ好きという事を確信した。
軽いトークが終わると葵ちゃんは私のズボンをずらして
一通りペニスを吹くと一気にしゃぶり始める。
まだ勃起していなかったものの
生暖かい感触にすぐに勃起してガマン汁が大量に出ました。
それから数分フェラをしてもらっている時にいきなり葵ちゃんが言い出した。
「入れてもいいですか?」と言ってきた。
正直、驚きの方が大きく、ピンサロと言う本番が絶対にできない環境の中で
セックスを行うと言うのは夢にまで見た光景です。
「大丈夫、今店長いないし、入ってきたら音で分かるから。それに今は私達しかいないでしょ?」
そういうとゴムも付けずに生で自分に股がり挿入してきました。
色々な体位をしている中でお店の人にバレないか心配でしたが
店長が入ってくる気配もなかったので
思いっきりバックで突いてあげました。
セックスをしているうちに
ゴムを付けていないことを忘れて、膣の中で挿入し
2人で慌てた表情をしながらソファについた精子の後片付けをしました。
この時葵ちゃんの太ももから中出しされた精液が
流れてくる光景に一人興奮していたのは内緒です。
こんな最高のピンサロ体験に興奮した私は
何度も同じ女の子でご奉仕してもらい、今では彼女になってしまいました。